本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

森のムッレ協会新潟県支部

活動目的

 ・野外活動は、急速な都市化やストレスに病んだ子ども達が増えている現代にこ そ必要とされています。 ・森のムッレ協会新潟県支部では、子ども達が変化に富んだ自然環境の中での自 由な遊びこそ、子どもの心身の発達や社会性を育み情緒を豊かにする野外保育 を 多くの保育者に子どもと共に自然の楽しさ不思議さを体験して伝えていただ  きたいと毎年「森のムッレリーダー養成講座を開催しています。  

活動概要

「森のムッレ教室」は、1957年にスウェーデンの野外生活推進協会で開発された五感の全てを活用するユニークな教育活動です。5〜6歳児を中心に、子どもの発達段階に応じたプログラムが用意されています。 「森のムッレ教室」に登場する森の妖精ムッレ〈スウェーデン語で土壌を意味する) は生き物を思いやり、自然を守る・と云う大切なメッセージを子ども達に伝えます。 ムッレ自然環境教育を保育に取り入れ、自然体験での育ちを大切にする保育園が増えています。

活動内容

新潟県支部の参加団体は現在
 上越地区、長岡地区、三条地区、新発田地区、新潟地区、鶴岡市、能代市

活動について

1・「森のムッレリーダー養成講座」 年2回 (春・秋)

2・ムッレリーダーのためのステップアップ研修会

3・自然観察研修会・・・ムッレリーダー、自然に興味のある方々の参加大歓迎
  講師には・・ナチュラリストの「佐々木 洋先生」のご指導を受けています。

4・「森のムッレ教室」の開催支援を致します。

5・その他
 
・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・
  平成24年2月5日(日曜日)
 冬の自然観察研修会を下記に開催します。
 「会場・・・新潟県立生涯学習推進センター2階大研修室及び鳥屋野潟公園」
 「受付時間9:30〜4:30終了」詳細問合せ・・090−2651−0077・・・
 申込み〆切り 1月25日 
2012年1月19日更新