本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

芦沼

よみ:あし ぬま
資料コード:9200113116

新潟県の米どころ蒲原平野には海面より低い湿田があり、腰まで没する深田は農作業を困難にするばかりか米の収穫もわずかなものでしかなかった。 ここに住む農民が田舟を使って農作業をしたり、水田の土の流出を防ぐために田のあぜに芦を植えるなどの努力と工夫を重ねてきた様子を描き、昭和30年代に入って耕地整理事業とともに大きな排水機場ができ、300年にわたって農民を苦しめた泥田が乾田化されるまでを紹介する。

内容

メディアの種類:VTRソフト
教科領域:地理
ジャンル名:地理・風俗習慣・紀行 / 農林・畜産・水産業
製作:山峡視学教研
製作年:1954
利用対象:中学生 / 高校生 / 一般
製作:記録画
登録年:1998/11/20
帯出:可

利用を希望される団体は登録が必要です。
詳しくは新潟県立生涯学習推進センターまで。
(電話)025-284-6110  (ファックス)025-284-6019