本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

武士の剣術鍛錬とその美学 -宮本武蔵を中心に-

いきいき県民カレッジ
短期講座

分類:芸術・文化
主催者:放送大学新潟学習センター、佐渡市教育委員会
講師:放送大学教授 魚住 孝至
開催期間:2019年9月6日
開催時間 18:00〜19:30

学生に限らず、広く地域の方々の生涯学習を支援するために、放送大学教授の魚住孝至先生による公開講演会を開催いたします。演題は「武士の剣術鍛錬とその美学 -宮本武蔵を中心に-」です。


佐渡には「奉行や役人たちが江戸から持ち込んだ武家文化」(さど観光ナビ「伝統文化」)があったとされる。武士は常時二刀を差し、剣術鍛錬は武士の嗜みであったが、人前では刀を抜かなかった。将軍家兵法師範となる新陰流と宮本武蔵『五輪書』を基に、その思想を考えたい。武芸鍛錬はその後も重視され、黒船来航の危機でも幕府は講武所を設け剣術鍛錬を図った。幕府は軍事改革を行いながら、戦わずして終焉を迎えたのも武士の美学であった。


※8月中旬から受付開始
(入場無料定員100名)

会場

真野ふるさと会館
佐渡市吉岡1697-1
市町村:佐渡市

参加要綱

定員100名
費用:無料

お問い合わせ・申込

佐渡市教育委員会社会教育課
TEL:0259-58-7356