本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

音声訳虹の会

活動目的

 視覚・肢体等様々な障害で読書困難な方々へ、書籍(小説・専門書・漫画)等の録音図書を製作しております。 ※音声訳虹の会は、著作権法・著作権施行令に基づき、文化庁長官の指定を受け、「障害者等のための複製・公衆送信」が認められた音訳ボランティア団体です。

活動概要

 新潟県視覚障害者情報センターの依頼を受け、月刊NHKラジオ深夜便・テキストデイジー・プライベート図書の音訳・編集を行いいています。  三条市委託事業として「広報さんじょう」の音訳。三条市社協だよりの音訳、プライベート図書などの録音図書を製作を行っています。  また、三条市内の視覚障害者(希望者)には虹の会編集、月刊「虹(世情や風物詩など)」を製作し利用者にお届けしております。

活動内容

音声訳虹の会は昭和52年に発足。
平成29年11月18日、40周年・記念式典を行いました。
現在の会員は23名(女性20名:男性3名)です。年会費3,000円
主な活動は三条市市立図書館を会場に月2回(第一・第三土曜日)午後1時30分~午後4時00分まで、毎週、決められた課題を音訳し、会員同士で「読み・アクセント・ピッチ」などの意見交換を行っています。
例会の見学はいつでも自由にできます。
2020年8月1日更新