新潟・白根仏壇は、江戸時代中期(1688〜1704年)に宮大工、初代長井林右ェ門が、京都方面からその技術、技法を取り入れて京型の仏壇をつくり、さらに、自分の手でかんたんな彫刻を行い「白木仏壇」を完成させました。これが、「白根仏壇」の始まりと伝えられています。昭和50年には、「白根仏壇協同組合」をつくり、昭和55年には、「伝統的工芸品」として指定を受けました。

仏壇の作り方などについては、長岡仏壇を参考にしてください。