塩沢紬と本塩沢のできるまで

 越後上布

↑UP

 真綿手紡糸

↑UP

 まゆ

↑UP

図案・設計

かすり模様のデザインなどを決めます。

↑UP

 手くくり

↑UP

 手すり込み

↑UP

 機巻き


図案に合わせて、それぞれのたて糸と横糸の位置を正しながら固く巻き上げていきます。

↑UP

 機織り

 
たてのかすりと横のかすり模様をていねいに合わせて織り上げます。「出ばた 」でも行われます。(15日〜20日位かかる。)

↑UP

 湯もみ

 
布にしぼを出すため、お湯の中で手でもみます。

↑UP

塩沢紬証票


塩沢紬製品ラベル

↑UP

本塩沢証票


本塩沢製品ラベル

↑UP

 研修センター

 
協同組合を作って、製品を検査したり品質を高めたりするための研究や新製品の開発をしています。また、人材の育成にも取り組んでいます。

↑UP

 織物会館

 
織物会館を建設して、織物の紹介を積極的に行っています。

↑UP

 つむぎの里 

↑UP

塩沢紬の製品

塩沢紬を使った人形や洋服、ネクタイ、日用小物を開発したり、展示会を行ったりして紬のよさを宣伝しています。

(塩沢人形)

(ネクタイ)

塩沢紬へ本塩沢へ  HOME