小千谷紬と小千谷縮のできるまで(1)

 「越後上布」

紬の技術のもとになった「越後上布」が作られ始めました。

↑UP

 積雪

↑UP

 雪さらし

雪がたくさん降るため、布を雪でさらすことができました。

↑UP

 まゆ

昔は養さんが広く行われ、絹糸の原料になるかいこのまゆがかんたんに手に入りました。

↑UP

小千谷の交通

 
当時の小千谷は交通の便がよく、原料や製品の輸送が便利でした。

↑UP

 苧麻

縮は、麻織物なので麻糸が原料ですが、次のような条件があります。 原料の麻は、国産の苧麻(「からむし」とも いう。)の糸 であること。紡績糸でもよい。

↑UP

 絹糸

紬は、絹織物なので絹糸が原料です。

↑UP

「真綿手紡糸」

「玉糸」

どちらの糸も、地元のものがほとんど手に入らないため、主に群馬・埼玉・長野県などで生産され、糸問屋が仕入れたものを使っています。

↑UP

図案・設計

かすり模様のデザインなどを決めます。

↑UP

 手くくり

たて糸と横糸に印を付け、「手くくり 」や「手すり込み 」の技法で、図案通りの模様が出てくるように色を付けたり、調整したりします。

↑UP

 手すり込み

↑UP

小千谷紬へ小千谷縮 へ  HOME