本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

村上まつりのしゃぎり行事


 村上まつりは、7月6・7日に行われます。このまつりが始まったのは、寛永10年(1633)に村上城主堀直竒(なおより)が、今の地に西奈弥羽黒(せなみはぐろ)神社を移した時に祝ったことからと言われています。このまつりは、3基の神輿(みこし)が、荒馬14騎、稚児(ちご)行列を先導に町内を巡行しますが、19台のオシャギリ(屋台山車)もともに巡行します。オシャギリは彫刻の部分にウルシを塗って金箔を貼り、その他の部分は朱のウルシや黒ウルシなどが塗ってある豪華でなもので、中には200年以上前に造られたものもあります。このまつりには、毎年多くの見物人が訪れます。

指定:県
種別:無形民俗文化財(民俗芸能)
所有者・管理者:保護団体 村上まつり保存会
指定年月日:昭和63年3月25日

詳しい解説

 この行事は、寛永10年(1633)6月7日掘直竒が西奈弥羽黒神社を臥牛山麓から現在地に遷宮した際、その祝儀のために舞鶴城築城に使用した大八車を借りてきて町内を練り歩いたのに始まるという。  この祭礼についての最古の記録によると、当時の祭りの行列は、飯野門から入って小石垣門を通り、桜馬場へ出て勘定門(下渡門)から表新町、裏新町をまわって、能鷹門(秋葉門)を経て堀片を上がり、外輪に出て片町に入り、そこから町々を巡行していたもののようである。今日のような「しゃぎり」が曳かれるようになったのは、記録から享保19年(1734)とみることができる。  祭は7月6日の宵宮で始まり、神前に稚児舞を奉納、神輿への神霊遷座が行われる。7月7日の午前零時 先太鼓進発、神輿巡行の道順に太鼓を打ち神幸祭の執行を告げる。午前3時半、荒馬(少年騎馬)14騎 町内出発。このあと久保多町屋台が荘重な囃子を奏でながら動きだし、午前7時ころには、19基の山車が羽黒神社前に整列する。午前7時半、発輿察。8時から神輿巡行を開始する。巡行は次の通り 1.先太鼓、2.笠鉾、 3.荒馬十四騎、4.社名旗、5.四神旗、6.五色旗、7.椎児、8.神官、9.神輿三基、10.神馬 11山車十九基の順で、この巡行は2キロメートルにもわたるという。  神輿は 元羽黒の旧社地を遙拝、途中神事、大神饌供進、神馬曳きまわしの儀、タ御饌供 進ののち午後6時御還山となる。「しゃぎり」は午後10時まで曳きまわされる。  村上地区の山車は、一般に「おしゃぎり」と総称され、具体的には、「しゃぎり 11基」、「お囃子 6基」、「俄 2基」とからなる。いずれも欅づくりの二層、二つ車で車の直径はニメートルに達し輪木は七ツ割と八ツ割のものがある。  長さ高さともに約5.5メートル、幅3メートルで台座には前庇・欄干・高欄をつけ中にば前庇の外に両側と後ろに日覆いをつけたり、日覆いを唐破風にして意匠をこらしているものもある。  「俄」は「しゃぎり」を簡単にしたもので車も幅のない低い板車である。  このように、村上のしゃぎり行事は、三種三様の山車が神輿を供奉して巡行するのであるが、19基という勇壮にして豪華絢潤たる山車の行列は、見事であるとともに、これを中心とした一連の行事は当県祭礼研究史上貴重なものである。

所在地

JR羽越本線 村上駅から車で5分/日本海東北自動車道 中条ICから車で35分

問い合わせ先

村上市教育委員会
〒958-0854  村上市田端町4-25 (教育情報センター)
TEL:0254-53-7511   FAX:0254-52-4133
bunka@city.murakami.lg.jp

関連情報掲載ページ

「「い・い・ね!」はページ
表示日からの累計です。
いいね 1