本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

講演会 「アンギンと日本のタテ綟り織物」

いきいき県民カレッジ
短期講座

分類:芸術・文化
主催者:県立歴史博物館
講師:吉本 忍 氏 (国立民族学博物館 名誉教授)
開催期間:2017年3月5日
開催時間:13:30~15:00
開催曜日:日曜日
開催回数:1回

アンギンはこれまで「編物」として理解されてきたが、タテ捩り織組織の「織物」として位置づけられる。そうしたタテ捩り織組織の織物は、日本最古の織物であり、その織り技術は、アンギンのみならず、茣蓙(ゴザ)や莚(ムシロ)、簾(スダレ)や葭簀(ヨシズ)などを織る技術として継承されていることについて解説する。

会場

県立歴史博物館 (講堂)
長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
TEL:0258-47-6135
市町村:長岡市

JR信越線・JR上越新幹線長岡駅下車、大手口バス乗り場より県立博物館行き35分。関越自動車道長岡ICより車で約5分。
駐車場有(188台収容可能)

参加要綱

定員:150名
電話、ハガキ、ファックス、メールで申込み。希望講座名、お名前、住所、電話番号の4項目を明記してください。
一般
費用:無料

お問い合わせ・申込

県立歴史博物館 経営企画課
TEL:0258-47-6135  FAX:0258-47-6136

関連情報掲載ページ